これって私のこと!?酵素不足の人に多い症状・体調不良

何となく、体がだるいし、病院に行くほどじゃないんだけど、しんどい。

そんな症状に悩まされている方は多いはず。

東洋医学では、そんな状態を未病(みびょう)と言います。まだ病気にはなっていないけど、病気になる可能性がちょっぴり高い状態です。

いつものことだから・・・と、諦めないで!

病気になる前に、その症状を何とかしませんか?!

こんな症状の人は体内酵素が足りていない

普段から、こんな症状に悩まされていませんか?

  • 肩こり
  • 便秘
  • 冷え性
  • 胃腸の不調(胃もたれ、胃の痛みなど、腹部膨満感:おなかのはり)
  • 関節痛、腰痛
  • 不眠症(寝つきが悪い、夜中に目が覚めるなど)
  • 生理不順
  • 倦怠感(疲れやすい、だるい)
  • 耳鳴り、めまい

など、など、一つくらい思い当たる症状があるのでは?ないでしょうか。

酵素が不足すると、老廃物を体内にため込みやすくなり、新陳代謝機能が低下してしまうので、便秘、胃腸の調子が悪くなり、肌荒れが起ります。

血流も悪くなってしまうので、肩こりや腰痛を引き起こしてしまうのです。

血液の流れがドロドロしてくると、色んな不快な症状を起こしてしまいます。

老廃物を正常に、体外に排出できないと、免疫力も低下してきて、大病を呼び込んでしまいます。血液は常にサラサラにしておく必要があります。

また、酵素不足は、自律神経の働きにも影響を与えてしまいます、そのため、寝つきが悪くなったり、夜中に目覚めてしまう睡眠障害を起こしてしまうのです。

酵素不足が招く病気5つ

酵素不足がいろんな不調を引き起こすことは説明してきましたね。

そんな不調、放っておくといろんな病気を招いてしまうんです。

酵素不足が続くと...
  • 糖尿病
  • うつ病
  • 肝機能障害
  • 不定愁訴
  • ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームとは、運動機能が著しく低下する症状を指します。

例えば、普段の行動で、布団の上げ下げとか、階段の上り下りとかで、息が切れたり、動機がはげしくなったりする状態を指します。加齢によることもありますが、最近は若年層でも、運動不足、夜更かしなどの不規則な生活などでも、このロコモティブシンドロームになることが報告されています。

これらの病名を見て、「こわっ!?」と思った方も多いのではないでしょうか。

脅すわけではないのですが、酵素不足は、本当に万病の元となるのですよ。

症例であげている、「うつ病」を一例にとってお話しますと・・・。

酵素不足でうつ病になる理由

え?うつ病って、人間関係とか仕事のストレスとかでなるんじゃないの?

と思うかもしれませんが。誰しもがストレスは受けています。受けた人間が全部「うつ病」になるわけではないですよね。

 

それは、そのストレスを跳ね返す力が本来、人間の体内にはあるからです。

 

いろんなストレスを受けると、「活性酸素(さんそ)」が発生しますが、それを除去することが人間にはできます。「免疫力」という力があるからです。

 

しかしながら、酵素が不足してしまうと、この免疫力という本来備わったパワーが落ちてしまい、活性酸素の暴れ放題で、人間の体内が無法地帯になってしまうのです。

適度なストレスは、必要なのです。全くストレスがないと、人間は後退してしまいます。

適度なストレス、刺激は、やる気アップや、メンタルを強くすることに必要なのです。

しかし、酵素が不足してしまうと、この適度なストレス、言い換えれば、ちょっとしたことで、へなへなと弱って、ダメージを受けてしまうのです。

ストレスを受け流せない、体内システムを作り出してしまうと、免疫力低下を招き、あらゆる病気を体内に招き入れてしまいます。

じゃあ、どうすればいいの?

酵素不足を解決する食生活

酵素不足を招かない生活とは、

  • よく噛んで食べる
  • 食べ過ぎずに腹八分で満足する
  • 早寝、早起きを心掛ける
  • 酵素を多く含む食品を摂取する
  • 酵素ドリンク・サプリメントの力をかりる

昔から、親から「よく噛んで食べなさい」と言われませんでしたか?

あれは、本当に大切な「教え」なんです。

口に食べ物を入れたならば、一口30回は、噛んでほしいです。私の祖母は、この「よく噛むこと」を実行して105歳まで長寿を全ういたしました。生涯、全く病気なしです。最期は眠るように亡くなった、大往生でした。

面白いデータがあって、戦前は、一度の食事で、1300回以上噛んでいたのですが、現代人は、1回の食事で600回ほど噛んでいるだけです。ほぼ半分以下です。

また、このよく噛んで食べるには、化学的根拠があります。

唾液には、摂取した食品を消化する酵素「唾液アミラーゼ」という成分が含まれています。

よく噛むことにより、この唾液アミラーゼがどんどん分泌されます。

特に炭水化物の分解に効果を発揮します。

よく噛んで、ゆっくりと時間をかけて食事をするだけで、ありがたい酵素が消化を助けてくれるわけです。

そして、食べる量も食べ過ぎずに、「もう少し食べたいな」と思うところで、箸をおくようにしてください。

そして、生で食べられる食材のお刺身、生野菜、生のフルーツなどと、発酵食品と言われる、味噌や醤油、漬物を積極的に摂取することも心掛けてください。

よく噛む→食事に時間をかける→腹八分目→酵素を含んだ食事をとるようにする。

その上に、酵素サプリメントなども取り入れていくと、もう、血液サラサラシステムが体内に出来上がって、それが永遠に続いていくことでしょう。

簡単な日々の心がけで、健康寿命は伸ばすことができます。

元気で、イキイキとした毎日を酵素と一緒に送りたいですね!!