消化酵素の無駄遣いはやめよう!やってはいけない5つの習慣

消化酵素を無駄遣いすると、代謝アップに必要な代謝酵素に使える酵素が減ってしまいます。

だから、消化酵素の節約は大事!

消化酵素を効率的に消費して、スリムでイキイキした体づくり始めましょう!!

夜遅くの食事、大食いはダメ!

残業などで、遅くなってお腹が空いてたまらない時、また、昼間は食べるのを抑えていたのに、夜遅くなったりして、ラーメンなどの麺類を食べたくなることがあります。

なぜ、この時間にたべてしまうの?!

なんで、夜の街のラーメン屋さんってあんなに魅力的に輝いているんでしょう。

でも、夜遅くの麺類なんて、絶対だめ!

午後八時から、午前4時までは、代謝と吸収の時間と言われていて、取り込んだ栄養素を吸収して代謝させることに、体は集中したいんです。

夜食なんて食べた日には消化に酵素を全部持っていかれて、吸収と代謝ができません!!

午後8時以降のラーメンをパワハラ上司にたとえてみましょう。

例えるなら...

あなたが、研修会などに出席して、どれだけ内容を理解しているか、レポートを書かされているとします。

 

一生懸命、書面に作り上げようとしている時に、

 

上司から、「おい、君、今すぐ、取引先言って、実際の在庫を確認して!」と言われたら、「はぁー?!」ってなりますよね。

 

聞いてきたことを理解して、書面にしようと思っているのに!!とムカつきますわな?

 

でも、「今行って来い!」と言われた、客先の方を優先させますよね。

研修会レポートは、宙に浮いたままです。

 

このパワハラ上司が部下のレポートづくりを邪魔するように、夜食のラーメンはカラダの代謝と吸収を思いっきり阻害しているんですよ。

つまり、夜食のラーメンの消化に酵素を全部持っていかれて、吸収と代謝ができません!!

それで、お腹がいっぱいになると、眠たくなって、そのまま寝てしまうでしょ。

そうなると、胃の中で活躍している、「ペプシン」と「アミラーゼ」という消化酵素も働かなくなります。あなたが寝てしまうと、胃の中の消化酵素も活動を休止します。

そうなると、消化不良になって、ラーメンは、胃の中で、滞ったままです。遅く食べた次の日の朝って、胃がもたれる、ムカムカするということになります。

それって、胃潰瘍、もっと深刻になれば、胃がんなんてことにも繋がっていくのです。

怖いですねー、恐ろしいですねー。

深刻な症状を引き起こす前に、夜遅くの食事は、大至急辞めましょう!

激しい運動を食後すぐに行うこと

それなら、食事したらすぐ強めの運動をすればいいのでは?

筋トレとかいいかも?!スクワット100回!走り込み全速力で400mを5本!

やめてください!!

心臓がバクバクする激しい運動は、酵素を大量に消費することになります。

消化には、全く使えなくなり、また、消化不良になり、胃の中に食べ物がとどまったままの状態になります。

食べた後は、ゆっくり休んでほしいのです。

もし、運動をするなら、ダイエットには、空腹時がおすすめです。

軽いストレッチ、ヨガ、水中ウォーキングなどの有酸素運動が、脂肪の消費に役立ちます。

食べ物など、炭水化物などが体内にない状態なので、蓄積されている体脂肪を消費しようと体内で脂肪代謝システムが効率的に動きだすのです。

そして、運動後、2時間くらいは、食事はとらないようにしてください。

せっかく運動して、体内で代謝がバンバン起っている時に、食料を流し込むと取り込もうと必死になりますから。簡単に言うと、太ります。

注意
お相撲さんは、このシステムで体を作りますので、お気を付けください。

サプリメントで、酵素を取り込むときも、この空腹時がおすすめです。

食事の30分くらい前には、酵素を取り込んでから食事をすると、酵素たちが、「さぁ、消化するぞ~」と体内に入ってくる食べ物を待ち受ける形になりますので、効率よく消化酵素が働くのです。

動物性たんぱく質の過剰摂取

お刺身、ローストビーフなど、生、または半生タイプだと、そのもの自体に酵素がふくまれていて、消化にもいいです。

ステーキ、から揚げ、とんかつとなってくると、脂分も多くなってきて、消化するのに大量の酵素を消費します。

また、消費しきれない動物性たんぱく質が、腸内に残ってしまって、体臭の原因にもなります。便秘にもなります。良いことは、何一つありません。

しかし、食べ過ぎなければ、肉も、魚も滋養の高い食品です。

豆知識
焼肉などを食べた後は、生のパイナップルをジュースにして飲むことをおすすめします。肉の消化を助けます。市販のジュースや、缶詰のパイナップルではなく、生のパイナップル100%でお願いします。

スィーツ類の無茶食い

砂糖、ショ糖、麦芽糖、乳糖、などを「二単糖類」と呼んでいます。

ケーキやクッキーなど洋菓子に多く含まれています。

この、「二単糖類」を消化しようと思ったら、大量の酵素を消費しなければなりません。お菓子など、この砂糖が原材料に入っているものは、

口の中にいれたら、体内の大量の酵素が総動員して、消化にあたるのね・・・

としみじみ思い浮かべながら、購入していただきたいのです。

買いたくなくなってきたでしょう。

でも、甘いものが食べたいよ~。

と思う方はいらっしゃると思います。

それならば、生のフルーツで甘味を摂取すると良いと思います。果物に含まれる糖分は「果糖」と言われていて、「単糖類」と呼ばれていて、消化しやすい糖分です。
また、はちみつも同じ「単糖類」です。ブドウ糖も単糖類の仲間です。

ブームになった、甘酒がありますが、あれは素晴らしい栄養補助食品なのですが、かならず、原材料を確認してください。

甘酒の注意点
砂糖未使用と明記しているものを購入してください。砂糖が原材料に使っているものもありますので、ご注意ください。

砂糖未使用と書いてあっても、原材料に砂糖と載っているものもあります。甘いものを購入するときは、必ず原材料欄を要チェックですよ。

化学薬品は、恐ろしい

風邪をひいたら、薬に頼ります。虫に刺されたら、かゆみ止めを塗ります。

現代人は、この化学薬品に頼りすぎて、体力を低下させて、免疫力なども低下させてしまいます。アトピーなどのアレルギー体質も引き起こしてしまうのです。

それは、酵素を大量に使うだけでなく、酵素の働きを阻害することにもつながります。

病気になって、市販、病院で処方される薬に頼る前に、日ごろの健康管理をしっかりして、この化学薬品に頼らなくて良い丈夫な体をつくることが大切なのです。

  • 適度な運動をする
  • 甘いもの、動物性たんぱく質を摂りすぎない
  • 規則正しい生活を心掛ける

上記3点を意識して丈夫な体を手にいれましょう。